財産である人の管理方法| グループウェアで情報共有|経営が捗るヒント

グループウェアで情報共有|経営が捗るヒント

男性と女性

財産である人の管理方法

スーツの人

社員は人事で一元管理

会社の規模が大きくなると人材管理に苦労します。一般的には履歴書をはじめとしてその会社での経歴をまとめておくことになります。しかし最近では人材発掘を行い適材適所に人材を補充する動きが活発になっています。上長などの判断により人材を選抜するのですが、人事側で一元化する動きが求められています。人によって価値観が異なる場合、適切な人材配置ができない可能性があります。そのため人事側ですべての情報を客観的に判断するために人事管理システムを導入している企業が多くなっています。人事管理システムは、入社時の履歴書の内容から担当業務や部署の経歴をデータベース化したものです。社員の個人情報になり機密文書に該当することから保管は厳重に行わなければなりません。

適材適所の配置を実現

組織は人の出入りが頻繁に行われます。昇進人事や異動人事などによってポストがあいた場合、そこに適切な人材を入れる必要があります。かつてはその部署に所属していた人のうちだれかを投入するのが一般的でした。しかし今では違います。底に必要な人材を全社員の名簿から選ぶのです。そのため転勤を伴う異動も多く発生するようになります。この人事管理システムは、期末ごとに更新されデータは蓄積されます。分野ごとに精通した人材を管理することもできます。必要であれば、研修の実施や人材育成などを強化することもできます。企業は人で成り立っています。そのため人材を適正に管理することが業績向上にも直結するのです。人事管理システムはその役目を担っているのです。