評価に関わる問題| グループウェアで情報共有|経営が捗るヒント

グループウェアで情報共有|経営が捗るヒント

男性と女性

評価に関わる問題

電卓

成果主義の難しさ

終身雇用が終了した現在において人事給与は成果主義になっています。成果主義における人事給与の決定は評価に基づきます。終身雇用のように誰でも一律に給与を上げることができない現在において誰しも認める評価軸を設定する必要があります。しかし役割や実務内容などここに異なる企業においては適正な評価を出すことは難しく多角的評価を取り入れてバランスをとることが一般的になっています。しかし期初に立てた計画やミッションは期中で変更になることも少なくありません。そのため途中で変更になったミッションをどのようにウェイトを置いて評価するのかを予め決めておく必要があります。人事給与の決定は組織的に適正な評価軸を持って行う事が求められているのです。

認識の統一

一度作成した人事給与制度は毎年変更されます。事業の方針やプランなどによって細かく変更されることが普通なのです。そのため人事給与に関する評価や定義も毎年変更したうえで全社員に対して認識してもらえるような説明会などを実施する必要があるのです。人事システムなど適正な評価を管理するためのツールやシステムが普及し、成果主義における評価もしやすくなっています。管理にかかる工数も削減されています。しかし評価のする側、される側の認識が統一されていないとせっかくのシステムの効果も失われてしまうことになります。人事給与の管理はシステムだけでなく、そこに設定する内容や仕組みを理解していないと正しい人事給与の評価はできないのです。