グループウェアで情報共有|経営が捗るヒント

メンズ

評価に関わる問題

電卓

人事給与のあり方が変化してきています。今や終身雇用は崩壊し成果主義です。しかし何をもって成果と判断するのかは適正な評価によるものになります。評価する側の認識とされる側の認識を統一しておくことが求められているのです。

詳細

企業での情報共有

ネットワーク

情報共有をすることの利点

企業において、そのビジネス活動上で得られた各種情報は、部門内や部門間で情報共有していく必要が出てきております。こういった情報共有に使われるアプリケーションソフトとして、グループウェアが存在しており、多くの企業で導入が進んでいます。グループウェアとは、企業などの組織内で、ネットワークをうまく活用して、あらゆる情報を共有するシステムのことを言います。基本的にスケジュールや社内情報の共有から、顧客のあらゆる情報などを共有できますが、メール機能も搭載されていることも一般的になっています。こういった情報の共有を通じて、業務の効率化と迅速化を図り、ビジネスを進めていくことができるのが、グループウェアの特長です。

情報共有を進める工夫

グループウェアを企業に導入するには、いくつか工夫することで、その効果を最大に発揮することができますので、その例を挙げていきます。まず最初にグループウェアを率先して利用していくためにも、組織の部門長がそのメリットを十分に理解することが必要です。そのために、なぜ導入するのかとか導入によるメリットを、経営面からでも説明することが必要になり、理解していただいた上で部門に説明してもらうのです。また導入にあたっては、部門の中でキーマンを任命して、そのキーマンが利用方法などについて、部門の中で展開できるような仕組みを作ることも有効です。このようにグループウェアを導入するには、どのように使ってもらうかがポイントになりますので、如何に工夫をしていくことかが重要になります。

最大限のスキルを発揮

男女

モチベーション管理は部下の指導の中で最も難易度の高いマネジメント内容です。しかしこれを難なくこなすことができれば、最高の上長へとなれるのです。モチベーションを向上させるためにはあと少しで手の届きそうな絶妙なバランスの目標を与えることです。

詳細

財産である人の管理方法

スーツの人

社員の管理は履歴書をはじめとして経歴などを紙媒体で管理しています。しかし適材適所に配置する企業の考え方をすぐに適用することはできません。そのため人事管理システムを使用し、社員データをデータベース化し、人事で一元管理するのです。

詳細